最近知ったKing Gnuというバンドがカッコよすぎた

 久々に開いて見たら、7月から全く更新していなかったので、また少しずつ書いていこうと思う

 

 バンドの数や有名度が高くなり、最近のダンスロックがどこまでお茶の間に浸透するのか、洋楽チックな邦ロックが流行り始めている、など最近の邦ロックの流れを話したいところでもあるが…

 

 最近は見つけたバンドがめちゃくちゃ良かったのでその話から。

 

King Gnu

f:id:milk1802:20171208122906j:image

 とりあえず、カッコいいので聴いたことのない人は一度聴いてみてほしい

 まず、「Vinyl」という曲を聴いたらわかる。イカしてる。

 

 iTunesではオルタナティブのジャンルに入っていたが…このバンドのジャンルというより…オルタナティブってなんだっけ…

 様々な要素が入っていてこれといったジャンルは言えないが、ゴリラズのような暗さも持ちつつ、邦楽感の強いメロディーもあり、少しノリやすいテンポになったかと思えばしっとり聴かせる曲もあったり…

 こういう日本のアーティストで邦楽かつブラックな音楽をやる人、いそうでいなかったんじゃないだろうか。この人たちは今の邦ロックや流行りなんて知らないんじゃないだろうか。

 一言で言うとカッコイイ。万人受けする音楽かは分からないが、ハマる人はガッツリハマる音楽であると思う。

 

 音楽がカッコイイのはもちろんだが、MVなんかのビジュアルの格好良さも良い。尖ってるなあ…なんて思うが、尖ってるのが似合ってしまうんだからとことん尖ってほしい。

 個人的には、何かのメディアやファンの層に依存せずにずっと尖ったまま発信し続けていてほしい。もう正直、個人のTwitterもやらないくらいの勢いで尖ってほしい。

 

 King Gnuの過去のインタビュー記事を読むと、作曲をしている常田さんがクラシック、ジャズ、ヒップホップ、ロック、など様々な音楽に精通しているらしい。

  日本人なら特に、ロック好きにもクラシック好きにも聴ける音楽ではないのだろうか。

 

 そして、数曲に入っているストリングスの音も耳に残る。

 何かのインタビュー記事で読んだが、最近の"ストリングス入れといたら感動するだろ"という曲に違和感を感じているらしくこのような使い方をしているのだとか…

 King Gnuの改名前であるバンドSrv.Vinciの時のアルバムに入っていた曲「Heroine」なんかはpizzで始まっているように聞こえる(耳で聞く限りなので憶測でしかないが)…いいな…カッコいいな…

 

 さいごに、

最近の"踊れるロック"や"洋楽チックな邦楽"が流行っているような音楽シーンを抜きにしても、ここ数年の中でかなり異端なバンドになるのではないだろうか。

 まだ曲数もそんなに多くないため今後どうなっていくかただの一人のファンとして楽しみである。