女王蜂「Q」最初の2曲感想おこしてみた!

女王蜂 『 Q 』

 

f:id:milk1802:20180410105552j:image

 

 めっちゃ今更感というか、このアルバムが出てから記事を書くのが遅すぎたなあって少し後悔しているが、このアルバムについて書きたくなったので書いて見た。

 

※がっつりデスクレビューみたいな形で書く予定だったのだが、最初の2曲で力尽きたので短めです

 

 ”女王蜂”というバンド自体ほとんど何も知らず、バンドメンバーの人数も性別も知らない私だが、このアルバムがとんでもなく良かったので記事にしようと思う。

(ほんとに女王蜂について情報が全くないまま書いているので何か的外れなことを言っていたら申し訳ないです...)

 

 

 まず、1曲目の「アウトロダクション」

 最初に曲を再生するときに「アウトロ?」と思った人は多いのではないだろうか。そのタイトルの違和感からの、

帰れない道をずっと歩いて

誰かの腕にやさしく抱かれた

愛し愛されることは美しい

求めたものではなかったけれど

これ !!!めっちゃ掴まれた...。ピアノの3連符にボーカルの声がよく通っている。このピアノ、少し不思議な音の動き方をしているがそれがやけにハマる。

 音楽を聴くときに歌詞はあまり興味がないのでスルーすることが多いのだが、こんな歌い方されたら嫌でも入ってくる。よく聞いたら素敵な歌詞書いてんじゃん...

  そしてこの曲は1曲目と思えないほど展開が多く面白いのだが、個人的には特に、音が鳴りやんでストリングスのソロからの最後の展開が好きだ。ダメ押しみたいな最後のサビがあるかどうかで全然違ってくる。最後のサビはなくても良かったのだと思うのだが、この最後のサビがあることによってこのアルバムの方向性を提示づけたというか、あえて「アウトロダクション」というタイトルをつけた意図が伝わってくるようにも思う。

 

 そして2曲目「金星 feat.DAOKO」

 あ、この声…!と思ったらDAOKOだったんだね。アヴちゃんと声の高さとか出し方とかは全然違うけど、質が似ていていい組み合わせだと思う。

 最初のノリのいいリズムと手拍子。楽しい。

 あと、サビ前のアヴちゃんとDAOKOの掛け合い、言葉の畳みかけるように二人で歌いあげていくところが聞いていて上がる。そしてその勢いのままサビに入って

あぁ 言葉遊びはいいから 今夜二人夢を見ようよ

あぁ 届かなくてもいいから 明日に少し期待をしようよ

めっちゃいいよね。高音になるところの伸びやかな歌声すきです。良い。

 なんだか歌についてばっかり言っているような気がするが、この曲のいかにもダンスナンバーというような音の軽快さとメロディーは本当に素敵だと思う。でも、この曲は深く聴くよりノリで聞いたほうが楽しいのでこの辺にしておく。笑

 

 

 本当はもっといろんな曲について書く予定だったのだが、2曲でだいぶ書いてしまったのでこれで終わりにする。(おい)