きいちゃん、辞めなくて良かった

 

 YouTubeを見ていて、あるMVを見て、「これは…!」と思ったので、勢いで書いていくことにした。感想のまとめみたいな。

 

「きいちゃん、辞めなくて良かった。」

f:id:milk1802:20181109105210j:image

 

 きいちゃんこと、坂口喜咲は元HAPPY BIRTHDAYのギターボーカルであり、今は一人で活動している歌手だ。

 私は、彼女の曲は、HAPPY BIRTHDAYの時から大好きであり、解散後も一人で活動を続けることが嬉しくていつものように新しい音楽も聴いていた。

 

 「 心臓に愛をおくりたい 

 この曲をきいたときから何か、違和感を持ち始めていた。

 その後発売された「 あなたはやさしかった 」このアルバムが素晴らしく良く、「きいちゃん何か変わったんだな」と思った。

 

 この記事を今書いている理由は、あるインタビュー記事を読んでから、MVを見たことがきっかけだからである。

 

そのインタビューの中でこういうことを言っていた

ぶりっ子するのをやめたんですよ(笑)

 

 この一言でなにか大きな変化が見えた気がする。きいちゃんはハピバの曲を聞く限り、「ぶりっこ嫌い」と言うような人だし(たぶん)、女の子のすべてをさらけ出しているような歌い方をする人だったと思う。この見方や音楽もよかったことから素敵な音楽を鳴らしていたし、メジャーデビューも早かった。

 そんな「ぶりっこが嫌い」な人が「ぶりっこをやめた」ということに最初は意味がわからなかった。「きいちゃん私たちと同じようにぶりっこ嫌いっていってたじゃん」くらいに思っていた。

 

 だが、その後、もう一度、きいちゃんのソロになってからの新しい音楽を聴くと、「ぶりっこやめた」の意味がわかった。

  今のきいちゃんは「人として」さらけ出して歌っている。

 「女の子のために」じゃなくて「自分のために」。歌が歌いたいから歌っているんだ、とでもいうように。

 この「誰かのために」がなくなってはじめて「ぶりっこ」がなくなったのかもしれない。

 

 そして、先日、「 心臓に愛をおくりたい 」のMVを見た。

 

https://m.youtube.com/watch?v=H4dS1KUtrzE

 

 今までに比べて特別可愛くなっているように見えた。それは可愛らしい意味でのかわいいではないが、カメラを気にせず、自然な作らない表情が多く、ずっと、もっと、先を見ているような…

 可愛いというより素敵に見える人になったのかもしれない。でも遠くなったのではなく、より近くいるけど大きな存在になったみたいな。

 音楽だけでも充分伝わるが、映像を介すことによって余計その印象が強くなった。

 

 きいちゃんには、今はまだ脆くて壊れそうに見えるときもあるけど、誰にも曲げられないくらいの芯の強い部分があるような気がする。その部分を信じて、今後もずっと、きいちゃんから作られる音楽たちを楽しみに待ってます。